やっぱまだ工事中……(つД`)

敵の自動蘇生時にHPバーが動いていなかったので修正。
たぶん、普通に蘇生する時も動かなかったと思う。
蘇生した事ないからね!

自動蘇生で動けば、通常蘇生も動くはず。
ま、今はまだテストできませんけど。

そしてようやくステート変化スキルに対応!
DMG+変化も対応できたので、「なぎ払い」=DMG80%+スタンもOK。

ここで書くことじゃないんですが、仕様上の注意点として、
「呪文命中率 – 呪文回避率」から、まず呪文が回避されたかどうか判定し、
それからステート変動を「呪文命中率 – ステート抵抗」で算出します。
荒P仕様では敵の呪文回避率は常にゼロですし、
味方も盾を装備しない限り、呪文回避率は原則として発生しません。
(つまり敵味方問わず呪文回避は、0かそれと近しい値となる)
ということは、効きが悪い(命中率100%を切る)呪文の場合、
2回の命中判定を経て成功するわけです。
これじゃ、狙った確率で状態変化に持ち込むのは難しい。
これを回避するために、状態変化呪文の場合、「絶対命中」の属性を付与し、
最初の呪文回避部分をスキップしてから処理を行った方が良いと思われます。
まー、これを回避し、さらに的確に処理する別案はあるのですが、
今のところ、こういう仕様なので、俺注意。

んで、これで蘇生の処理もできるハズ…なんですが、
「グループ対象」って荒P専用スコープを搭載してるのは良いんですけど、
回復関係のスコープがツクールデフォなんです。
デフォだと、回復関係はHP0 or falseで選択できるかどうか分岐します。
(生きてるキャラにザオリクを選択できない)
これだと、「死者にフェニ尾で一撃粉砕」が不可能です。
よって、スコープのHP0対象を没にして、その辺を改良してあげないといけません。
ま、今日のところはこんな感じで、上記の課題は明日へと棚上げしておきます。

<余談>
久々の余談です。
根つめていると、「固有結界:現実逃避」が発動し、
「荒P終わったらナニ作ろう?」とやたら妄想します。
RPG系だけではなく、色んなクローンネタも思いつくのですが、
どれこもれも手間がかかるので、1人だと絶対に夢に終わると思ってます。

ですが! 急に昨夜、思いつきました!
「逆転裁判ツクール」ってどうッスか?
簡単なスクリプト(ってよりもHTMLレベル)が出来れば、
画像文章の差し替えで、オリジナル逆裁が作れる・・・!
(吉里吉里使えれば楽ですけど、対象年齢を考えて、あくまでツクールで)
本家「つくろう!逆転裁判」では出来ない事の方が多いみたいですしね。
これならシステム組むだけでいいから、手間かかんないし人気もあるんでは、と。
ええ、ええ、妄想ですよ。すみませんでした(´д`)

記事と関連してそうなモノ

コメントを残す

【必須】required