やっぱまだ工事中……(つД`)
  • 総合評価
  • 原題
  • BLOOD PREDATOR:ALIEN ATTACK
  • 時間
  • 91分
  • 製作年
  • 2007年

すんません、「レビュー書く前に、ちゃんを見直して書く」という自分ルールですが、今回は破ります。
ていうか、こんな映画2回見たら、かけがえのない時間を失った悲しみで立ち上がれない。
そんな素敵な臨死体験を味わいたければ、
どうぞお手にとって、レジに向かってください的なB級ホラー映画です。
これ書いている現在時点で、我が人生ワースト2の映画です。

ストーリーですけど、雪山に墜落した飛行機。
その生き残りの人たちで、偶然見つけた山荘に迷い込みます。
しかし、そこはヤツらの巣だった!

まぁ、序盤はソコソコ見れる映画でした。
墜落したのにやたら元気な人たちとか、ある意味ホンワカしました。

が、(原題にあるんでバラしますけど)エイリアンですよ、エイリアン。
まず、「何で山奥の山荘を巣にしているエイリアンがいるのか、よく分からん」ってのは、
B級ホラーのタブーに触れそうなのですが、でもそう思わせるくらい展開がヒドイ。
もうね、ツッコミが多すぎて、CPUがハングアップしました。

B級ホラーの見所って、色々あると思うんで、一概には「こうだ!」と言えませんが、
この映画は、それら見所をことごとくスルーし、ある意味前衛的。

ツッコミどころを列記すると……

何発撃ってもリロードの必要がないリボルバー。BB弾でももうちょっとリロードするわ。
そのリロードの必要のないスーパーガンは、特に素早くもない敵を相手に、何故当たらない?
射的の銃のが、まだマシだ。
そんなに極端に広い建物でもないのに、序盤はまったく出てこないが、後半ウヨウヨ出てくるエイリアン。
オマエラどこにいたんだよ?
雪で埋まった山荘から、素手で雪を掻き分けて脱出。
いや、雪なめんな?
急にレズる女性2名。
や、あの、近くに死体とかあるでしょ?
雪山舞台なのはいいんですけど、吹雪のシーンの合成っぷりは昭和のバラエティ番組ですか?
君達、遭難して何日だよ? 何も食わずによく平気に談話してんな。
CGのエイリアンさん。
君達には、遠近感とか、陰影とかないんですか?
メチャ画面にのっぺり張り付いてますよ?

ざっと思いついたので、こんくらいかな?
たぶん、じっくり見たら、倍以上の突っ込みどころがあると思います。

とにかく、何から何まで一定の基準を割っている足きり点の山。
脚本→小学校3年生の力作。デビュー時の山田悠介の方がマシ。
技術→ハルヒのコンピ研でも勝てる。ニコ動職人の方が上。
役者→学芸会の方が微笑ましくて好印象。
監督→病院から抜け出してきたと思われる。
って感じですかね?

見終わった瞬間、あまりにもあまりにもなんで、
「ああ、そうか。これアメリカ映画じゃないんだろうな。たぶん発展途上国が頑張ったんだよ」
と差別思想全開(失敬)でググッたんですが、メイド・イン・アメリカ様ですた…orz

B級スキーにエサをコンスタントに提供してくれるアルバトロスでも、
こんな無茶な配給しないと思います。
あんまりこの作品の配給会社「ファインフィルムズ」の映画を見たことがないんですけど、
こんなサイトやってる私でも、他の映画を見るのに躊躇します。
ていうか、「作品」と呼称することに躊躇するわボケ!

またさぁ……上のツッコミどころが笑えればイイんですよ。
ぶはははは! こいつらバカだ! ってね。
や、なんか、ツライですから、君達。
笑って欲しいなら、もうちょっとそういう体を取ってください。

これは「笑い」を求めたんじゃなく、結果「失笑モノだった」としか感じられないです。
予算がなくとも『SAW』や『トレマーズ』とかあるじゃないですか。何してんだ。
(でも、すごくフォローしたくありませんが、見てる限り、『SAW』や『トレマーズ』よりお金かかってナイっぽいです)

たぶん、初期の脚本はもうちょっとマトモで、スタートしようと思ったら、予算持ち逃げとかされたんじゃないだろうか。
そうとでも思わないと、「これが商品として出回っている理由」がワカラナイ。
てか、遠く離れた極東にまで持ち込まれているところに、
ミレニアムを越えた今だからこそ出来る地球規模のネットワークに脱帽。
もはや、自分でも何を書いているのかよく分からなくなってきました。

まぁ……R-15でもR-12でもないみたいなんで、
お子様が合法的にレズシーンを見るには最適じゃないでしょうか。
その代わり、たぶん変な大人(←マイルド表現)になると思いますケド、
人生の責任は自分で持ってください。


DMMでこの作品を借りる

記事と関連してそうなモノ

コメントを残す

【必須】required