やっぱまだ工事中……(つД`)

前回の予告(?)どおり、
攻撃回数等((攻撃回数.命中率.回避率.会心率.必殺率.魔法回避率.WT))を返す関数を(仮)作成。
…前回までに作成した攻撃力等((攻撃力.魔法力.防御力.魔防力))に関しても、仮ですし!

(この記事は省略されています。クリックで全文を表示します)

何かよく分からんウチに 致命的なバグが発生するようになった。
調べてみると…(調査に約4時間かけるダメっぷり)
アクター5(名前代入用)のコが
Job持ってたりするレギュラーズ用に組んだ関数に
対応できず そんで普通のイベント処理(アクターの名前変更等)で
エラーを吐き出していた模様。
…直す。

(この記事は省略されています。クリックで全文を表示します)

状態異常表示の流れから属性のアイコン表示に取り掛かろうとするが
アイコン用意が面倒だったので、途中で断念。

まー、そろそろステータス画面でもいじろうかと思い直す。
デフォ画面はウィンドウ一個で何かスカスカ感があったので、
気合を入れてDQ式の複数ウィンドウにすることに。

(この記事は省略されています。クリックで全文を表示します)

前述しましたが、状態異常の上書き設定、
200XよりXPの方がやりやすく、
細かいスクリプトが要らないのが助かる。
ex)「A時にBをかけて Bで上書き」and「B時にAをかけて Aで上書き」
が、表現出来るのはステキ!

(この記事は省略されています。クリックで全文を表示します)

アイテムを個人別で渡せるようになった。
個人別で使えるようになった。
袋も覗ける&袋に渡せるようになった。
あとは…袋+個人にアイテムを持たせることによって、
当然のごとく、弊害((個人で持っているとツクール上で「アイテムを持っていない判定になる」)),((パーティのアイテム総数を簡単に取得できなくなる))等々が多発するハズ。
そのあたりの穴埋めはいつかしないとデス。

次は、「袋から取り出す」や「袋から使う」の処理をする予定。
ターゲットのウィンドウも気に入らないので、たぶん直す。

全体対象のアイテム処理はやってないけど、たぶんできる…だろう。

それと、備忘録としてもうひとつ。
ウィンドウ重複時の処理の問題(?)で、
ヘルプが更新されないことがある。

これがモーなんか面倒になってしまい、
どうあろうとヘルプを更新することにした。((デフォでは引数が違った場合に書き換えですが、アイテムのみ常に書き換えます))

…これくらいでも、ちょっぴり重くなると思うと鬱ですが、
とりあえず自前の環境では取り立てて変化なし。
直し方が分かったら直そう! たぶん分からないけど!!

<余談>
たぶんVXは(少なくとも、今のところ)買わない。
理由はXPを2箇所で使い分けて使用しているので、
VXで同じ環境を整えると2本買わなきゃならないから…(´Д`)
また2本買うのはなぁ…スクリプトも、基本的に書き直しだし。
正直、興味はあるけど、
大体の処理はコッチで出来るっぽぃし、まだイイヤ。

「袋から取り出す」and「袋から取り出して交換する」の処理OK
ただし、使用できるアイテムは「使う」or「取り出す」で
選択肢を一つ追加してあげる必要ありです。

(この記事は省略されています。クリックで全文を表示します)

メニュー上でのアビリティ設定が、大体終了。
あとはパラメータに影響させたりとかの処理が残っている。
が、これは戦闘処理との兼ね合いもあるので、しばらく放置する。
次はアイテムの個別設定(所持アイテムを作って処理)・・・かな?

ツクールXPを放置していたので、一年ぶりくらいにいじる。
よくわからんのですが、何か適当にスクリプトって遊ぶ。

で! ハマってきたので、また作成することにした。
今後ともよろしくです。

<余談>
 私、その辺の素人なのでスクリプトとか習ったこともなく、
 仕事でもなく、飲み込みも最悪なので、かなり進行が遅いです。
 どうでも良いようなところで3日停止とかしょっちゅう。

 よくあるのが…
 data[i].push(n) → エラー
 data.push = n → エラー
 (知らない方に向けて注釈((正しくは「data.push(n)」とか「data[i] = n」です)))
 って…自分でもどうかと思う…
 いや、さすがにコレで3日も停滞しないですケド。

 私、ザルの記憶力と人工無能の応用性を合併した異能者なので、
 知り合いのSEさんに聞きながらやってます。
 薄汚く、無駄な処理の多いスクリプトだと思いますが、
 素人のやることと思い、どうか御容赦を…

初めましての方は、どうも初めまして。
サイト管理及び「荒鷲団RPG」(略して荒P)作成中のつなです。

サイトオープンを期に、荒Pの概要から整理してみたいと思います。
まず、荒Pはクローンゲームの一種です。
略してクロゲ。要するに海賊版みたいなゲームです。

一時期ハマってて、自分でも作りたくなったんですよね。
でもDQの脳内続編とか、オリジナルFFの完成度あるゲームは、
既に世に満ちあふれているワケで。

んで、話が荒鷲団に飛びます。
荒鷲団というのは、ネトゲ((ネットゲームのこと))上のチームみたいなモンです。
UO内ではギルドとして、FF11内ではLS((リンクシェル=ギルド的なモノ))活動している(いた?)集団です。
おかしらダンカン=イーグルを筆頭に「熱く遊ぶ」をモットーに、
日々無茶死にを繰り返すような愛すべき馬鹿どもです。

私が色んな事情でネトゲから遠ざかって、「あいつらをただ単に忘れちまうのもな~」とか
色々考えた時期があったのです。

そんなこんなで、クロゲと荒鷲団を合体させちまえ!と。
今考えると、なんて短絡的なんだ(´д`)

しかし、小者なりに、考えあってのことで、要するにクロゲって、スパロボ的作品じゃないですか。
それなのに(それだから?)、世のクロゲの殆どが、DQやFFのキャラが主人公なんですよ。
個人的には、それが悪いとは思いません。
でも、DQのように「自分自身の分身がその世界を冒険する」という欲求も出てきちゃったんですよね。
テラ厨二ワロスwww

だから、荒Pは、あくまでもあなたが主人公。
某有名RPGのキャラも出ますが、あくまでも脇役。
荒鷲団のキャラクターもゲーム用にデフォルメした脇役。

ちなみに、いつから作り始めたのか記憶にないので、
この記事はRPGツクールXPを入手した日付です。
(ツクール200Xでも作業してたんで、着手自体はかなり前から……)

まぁ、そんなこんなで、チマチマと製作過程を曝け出そうと思います。
興味を持ってもらえたら幸いです。今後ともよろしくお願いします。
あー、あと、文体が一定しないのは自分用備忘録なので、あくまでも読み物じゃないからです。
乱文でごめんなさい。

それでは、よしなにお願いします。